コンセントの落雷対策を徹底

きちんと落雷対策を実施するには、誘導雷サージがどのように侵入するかを理解しておくことが大切です。もっとも考えられる誘導雷サージの侵入経路といえば、コンセントです。 落雷のときにコンセントにPC・周辺機器の電源ケーブルや電源アダプタがつながった状態だと、誘導雷サージが侵入してしまうことがあります。その影響でPC・周辺機器が故障してしまうこともあるので、要注意だと言えるでしょう。そうならないためにも、事前にきちんと落雷対策を施しておく必要があります。 そこでおすすめしたいのが、コンセントを介して侵入してくる誘導雷サージを防止することができる雷ガードタップです。電源ケーブル・電源アダプタとコンセントの間につなぐだけで、PC・周辺機器を雷から保護することができます。 ただし、注意が必要なのが雷ガードタップを利用するだけで、まったく被害が起きないというわけではないということです。雷からPC・周辺機器を完全に守るには、すべての線を取り外しておく必要があります。ですが、自宅にいない時間帯だと対策できないということもあります。 そんなときに雷ガードタップを導入していれば、最低限の対策をしておくことができます。雷ガードタップは様々なメーカーから販売されており、価格にも幅があります。 高価なものもありますが、自宅の落雷対策であればそれほど高いものでなくてもいいでしょう。機能やコンセントの数によっても値段は変わってくるので、設置場所にマッチしたものを選ぶことをおすすめします。

電源まわりを落雷から守ろう

落雷の危険性が考えられる場合は、あらかじめ対策しておくことが大切です。しっかり対策を講じることで、電話の不通やインターネットの未接続、データの破損、PC本体の故障などを防ぐことができます。 もっとも実施しやすいのが、電源周りの対策です。落雷の危険性がある日には、あらかじめきちんと対策をしておくと安心です。 まず、モジュラージャックや機器に接続したモジュラーケーブルは取り外しておきます。さらに、コンセントにつないだ機器の電源アダプタや電源ケーブルも取り外しておきましょう。 テレフォン雷ガードや雷ガードタップなどの落雷対策も有効ですが、電源周りのケーブルを取り外しておかなければ万全とは言えません。これらは完璧に落雷の影響を遮断できるというわけではないので、モジュラーケーブルや電源ケーブル、電源アダプタなどは忘れずに外しておく必要があるのです。 モジュラーケーブルを外してしまうと、その間は電話を使うことができません。急な用事などで使う場合は、他の機器を仲介せずに電話機と直接モジュラーケーブルを接続して電話するようにしましょう。 この作業は早めに行うことが、大切だと言われています。雷の音がまだ遠いと思っていても、実は落雷の危険域であることはよくあるのです。 モジュラーケーブルと電話機を接続したままで落雷すると、電話線と電話機の破損したり故障したりする恐れがあります。雷が鳴っているのは一時的なことなので、その間はできるだけ使用を控えた方がいいでしょう。