この青汁は普通に飲めた

青汁は、やっぱりどこのメーカーのものを飲んでも苦さとか独特のクセとか苦手です。 植物が本来持っている力なのだから仕方ないし、良薬は口に苦しともいうので、健康のためを思って飲んでいましたが普通に飲むのはもう正直限界でした。

そこで、少しでも飲みやすい方法はないかと思って色々ネットや本で調べていたら、これだ!と思える方法を発見したのです。

青汁を飲みやすくする方法としてはジュースで割ったり、おーいお茶や綾鷹といった冷たいお茶で割る方法が私としてはおすすめです。抹茶系の青汁なら、綾鷹で割ると全くお茶の味として飲めて、野菜不足も補うことができていいと思いました。

でもそもそも不味すぎる青汁だと何やっても無理って場合があります。おいしい青汁のランキングサイト「青汁セレクト」でも書かれていましたが、レモンの青汁は私もダメだったなぁ。抹茶系じゃないと不味いときにごまかしようがないんですよね。

健康もキレイもゲット

健康ブームの影響なのか、青汁の種類も増えていますよね。 まずい、ざらざらする、というマイナスイメージがありましたが、改良されていて、飲んでみると、意外においしく頂けます。 これだけ種類が増えたら、プラスアルファの効果も求めてしまいます。 私の場合は美容効果がありそうなものに魅力を感じます。 ヒアルロン酸やコラーゲンなど、肌に良さそうな成分が配合された商品を飲むようにしています。 どうせなら、キレイも健康も両方手に入れたいですからね!

健康のために青汁生活

ここ数年の間、青汁関係のコマーシャルや通販カタログを良く見かけます。 青汁と一口にいっても、野菜入りや、蜂蜜入りなど、本当に色々あって、どれを選べばいいのか迷ってしまいます。 価格設定も選択条件の一つになるので、お手頃価格で長く飲んでいけるものを探しました。 現在、子供用にと青汁を買って飲んでいますが、一昔のものと比べると味が全く違っていて驚きました。 糖分は入っていませんが、ほんのり甘みも感じられ、これなら毎日飲めそうです。 子供もお茶を飲んでいるみたいと言って、大変お気に入りです。

この青汁は普通に飲めた記事一覧

青汁愛用歴2年です。初めて飲んだのは、100均で売っていたのでなんとなく買ってみたのがはじまりでした。続けているのは、その時の効果がとんでもなかったからです。まず、飲んで数時間後にお通じがありました。それも、普通じゃないというか、もうお腹の中の不要物が全部すっきり出切ったようなもので、ものすごく驚きました。当然、腸がきれいになるといい効果がたくさん現れ、体が軽く、肌もきれいになっていきました。今は...